社畜道

低収入・低地位・低意識、全部ひっくり返す

【意識改革】仕事が辛い人は「成長の機会」を逃している

 

あなたは仕事が辛い人?それとも大変だけど楽しい人?

 

営業職や技術職、事務職、フリーランスの中で何を選択しようが仕事は大変である。

しかし、仕事が大変=辛いというわけではない。

 

そこで今回は、

  • 仕事が辛い人の特徴
  • 同じ仕事でも成長する機会を逃さない方法

について記載する。

 

 

 

あなたは仕事が辛い人?

f:id:otsuyu25:20190328230220j:plain

 

「あなたは仕事が辛い人ですか?(゚∀゚ )」と聞かれた場合、7割くらいの人が「辛い」と答えるのではないだろうか。

 

通勤電車に乗っているのは疲れきったサラリーマンだけだ。会社行くのが楽しみで元気ハツラツしているサラリーマンは見たことがない。

 

ちなみに私の回答は「仕事は大変だけどやりがいがあって楽しい。ただ、低賃金なので転職を考えている」である。

 

残業時間が多かったり、休日出勤をすることもあるが、仕事自体は嫌いじゃないしむしろ私の能力を活かせる仕事だと考えている。

しかし、会社の未来が想像できなかったり低賃金で働き続けるのが嫌なので転職を考えているという状態だ。

 

 

仕事が辛い人の特徴はコレ!

f:id:otsuyu25:20190328230444j:plain

 

仕事が辛い人の特徴は「仕事を終わらせるために仕事をしている」である。

 

この場合は仕事=作業であり、この意識で仕事をしてしまうと成長の機会を逃してしまう可能性がある

 

例を挙げると、

  • 「資料の確認をしろ」と言われたから資料の確認をした
  • 「操作マニュアルを作れ」と言われたから操作マニュアルを作った

という感じである。

 

「仕事を終わらせるために仕事をするのは当たり前だろ!」と思うかもしれないが、この意識で仕事をしてしまうと何年働いても進歩しないし、もしかしたら人工知能に仕事を奪われる人間の候補に選ばれるかもしれない。

 

その理由は、現在の人工知能の技術は「命令した通りに動く」くらい簡単にできるからだ。

今後ディープラーニング の技術が向上すると、人間の知能レベルを超える瞬間(シンギュラリティ)が訪れ、自分で考えて行動できない人はどんどん人工知能の餌食になる時代が来ると言われている。

 

ちなみに私は人工知能についての勉強をしていて資格も取得している。

 

▼関連記事

 

 

 

自らのスキルアップのために働くと楽しくなる

f:id:otsuyu25:20190328233018j:plain

 

自らのスキルアップを意識しながら働くと驚くほど仕事が楽しくなる。

 

先ほどの例を挙げて説明すると、

  • 「資料の確認をしろ」と言われたから資料の確認をしつつ内容を理解し、次回同じ資料を「ゼロベースから作成しろ」と言われても作れるように覚えておく
  • 「操作マニュアルを作れ」と言われたから操作マニュアルを作成しつつ、自分自身でも操作できるように理解する。また、作成したマニュアルの項目以外の操作方法も理解し、自分が操作する場面がきても大丈夫なようにしておく

といった感じである。

 

この場合は仕事=スキルアップ・勉強であり、仕事=作業をしている人に比べて日々成長することができる。

 

こんな感じで「依頼されたことをただこなす」だけではなく、将来役に立つように内容を理解する癖をつけてスキルアップを心がけること仕事を楽しくするコツだと考える。

 

毎日自分のスキルがレベルアップしているのを感じながら仕事をすると楽しくなるし、充実感や満足感が増すのでオススメである。

 

 

 

終身雇用の時代は終わった

f:id:otsuyu25:20190328235247j:plain

 

最近ある大手企業が「45歳以上の従業員を実質リストラしている」というニュースを見た。

 

リストラされた45歳以上の従業員達はどうなってしまうのだろうか。

 

一般的に45歳は、子供が高校生や大学生に進学して高額な授業料を払わなければいけない時期である。子供の将来がかかっている時期にリストラを通告された人たちは今何を考えているのだろうか。

 

会社は最後まで自分を守ってくれるとは限らない。

 

そのため、会社で働いている時間を「勉強時間」と考えて仕事し、「これからは自分の力でなんとかしろ!(゚Д゚)」と急に投げ捨てられても生きていけるようにしておくことが今後大切になってくる。

 

別な意味での働き方改革をしよう!

 

社畜道