社畜道

低収入・低地位・低意識、全部ひっくり返す

【一生勉強】ネットワークエンジニアの入門資格検定「CCNA」に挑戦を決意

 

IT業界は常に進化を続けているため、現在の能力に満足して勉強を辞めたエンジニアは死んだも同然。

 

何かの本で書いてあったような、なかったような…。

 

要は、変化に対応できる人間はお金に困らない。これはエンジニアに限ったことではなく、経営者にも言えることだ。

 

変化に対応できる人間になるためには「勉強し続けること」が何よりも大事だ。

新分野に挑戦するも良し、自分が働いている業種を深掘りするのも良し。とにかく歩みを止めないことが今後の社会を生き抜くための手段だと考える。

 

この記事を書いている私は新分野である人工知能(AI)の勉強をし、ディープラーニング G検定という資格試験に合格することができた。

 

▼関連記事

ディープラーニングG検定を受験した感想!勉強期間とオススメの勉強法 - 社畜道

 

全く知らない分野の勉強をゼロから始めて資格を取得できたので自信に繋がったし、良い経験になった。この調子でどんどん資格を取得して転職活動をヌルゲーにしたいと考えている。

 

次に私が取得しようとしている資格は「CCNA」だ。これはネットワークエンジニアにとって初級の資格であるが「ある理由」から挑戦する人が少ない。それでも私は挑戦する!(゚Д゚)

 

 

 

ネットワークエンジニアの初級資格は? 

 

ネットワーク 資格」と調べると真っ先に表示されるのがシスコ技術者認定の資格だ。

 

具体的には、

  • CCENT「エントリーレベルの資格」
  • CCNA「アソシエイトレベルの資格」
  • CCNP 「プロフェッショナルレベルの資格」
  • CCIE「エキスパートレベルの資格」

である。

 

他にも情報処理技術者試験のネットワークスペシャリスト試験が表示されるが、スキルレベル4の国家資格であるため取得するのはかなり難しい(いずれ取得する予定)

 

ネットワークエンジニアを目指すのであればCCENTCCNAを取得するのが良いと考える。

 

現在私はネットワークエンジニアとして働いており、実務経験もあるのでエントリーレベルのCCENTではなく、アソシエイトレベルのCCNAを目指す予定だ。

 

 

「CCNA」の取得方法は2つある



CCNAを取得する方法は下記の2通りある。

  1. 「100-105J ICND1(CCENT)」及び「200-105J ICND2」の2科目受験
  2. 「200-125J CCNA」の1科目受験

 

「100-105 ICND1(CCENT)」を取得後に「200-105 ICND2」を取得するパターンのメリットは、試験範囲を絞れることだ。

出題範囲を2分割にしてじっくり勉強することで理解度は格段に上がるし、同時に合格率も上げることができる。

 

逆にデメリットは、1科目取得パターンに比べて受験料がやや高くなる点だ。また、2回も試験会場に行って受験しなければいけないので、資格取得にかかる時間が長くなってしまう。

 

短期間でCCNAを取得したいのであれば1科目取得パターンをオススメする。

 

 

「CCNA」は勉強方法が豊富!

 

CCNAの勉強方法は豊富にあるため、勉強しやすい資格と言える。

 

勉強する方法は下記の通り。

  1. 参考書・問題集を購入して独学
  2. e-Learningによる独学
  3. セミナー・勉強会の受講

 

 

1.参考書・問題集を購入して独学

シスコ技術者認定の参考書・問題集は豊富に発売されているため、どこの店頭に行っても購入することができる。

 

▼ICND1 CCENT

 

▼ICND2及びCCNA

 

私は既に問題集を購入しているが、短期間で取得するつもりなので次項で記載する「e-Learningによる独学」がメインになる。

 

 

2.e-Learningによる独学

最も効率が良い勉強方法だと考える。スマホ1台で勉強することができるため、通勤時間中やお昼休憩など場所を選ばずに勉強することができる

 

オススメのサイトは「Ping-t」というサイトだ。

CCNA/CCNP/LinuC(LPIC)/HTML5/OSS-DB/オラクルマスター/ITパスポート/ITILファンデーション総合学習サイト

 

CCENTであれば無料で勉強することができるため、ネットワークエンジニアを目指すのであれば1度はサイトを訪問すべきと考える。

 

 

3.セミナー・勉強会の受講

分からない問題に直面した時に、周りに聞ける人がいると非常に助かる。

 

私の周りにはネットワークのプロがたくさんいるため問題ないが、

  • 周りに聞ける人がいない
  • 新分野なので独学だと不安

という人はセミナー・勉強会を受講することをオススメする。

 

 

また、同じ勉強をしているセミナー参加者と知り合いになれれば、新たなビジネスに発展する可能性がある。

 

 

シスコ技術者認定の資格はとにかく高い! 

 

シスコ技術者認定のCCNAを取得するためには、

  • 2科目受験した場合、19,800円(税抜)×2回
  • 1科目受験した場合、39,000円(税抜)

という感じでめちゃくちゃ高い!(゚Д゚) 

 

資格を取得するために4万円以上かかるし、これで落ちたらシャレにならない。会社から手当が出るのであればまだしも、私の会社は出ない。一か八かの賭けだ。

 

また、CCNPを取得する場合は、1科目36,000円(税抜)×3回で12万円以上必要になる。かなりクレイジーな資格だ(´;ω;`)

 

この、「受験料が高い」という理由で資格に挑戦する人は少ない。同時にライバルも少ないのでチャンスである。

 

資格は無駄だ!(゚Д゚)」という意見もあるが、自分の実力を可視化する手っ取り早い方法であるため、私はどんどん挑戦していくつもりだ。

 

履歴書に資格を記入する欄がある限り、保有している資格は絶対に無駄にならない!

 

社畜道