社畜道

低収入・低地位・低意識、全部ひっくり返す

人件費削減?ふざけるな!過労死寸前セブンイレブン24時間営業問題で分かった日本の闇

 

現場を知らない人たちは好き勝手なことを言う。

 

どこの会社でもそうだし、今「私は現場を知っている!(゚∀゚ )」と思っている人達も、出世すれば協調性を失ってしまい無鉄砲なことを言う老害幹部社員になる。

 

「現場で働く社員」と「高層ビルで踏ん反り返っている老害幹部社員」の考えの違いは、

  • 人・物・金を見ているか
  • 経済・社会的イメージを見ているか

である。見ているモノが違うので、お互いの考えが一致することはない。

 

こう考えると、私も幹部社員になる頃には老害幹部社員と言われてしまうだろう_(:3」∠)_

 

 

 

過労死寸前!セブンイレブン24時間営業問題

f:id:otsuyu25:20190303110849j:plain

 

大阪府東大阪市にあるセブンイレブンにて営業時間の変更が実施された。その内容は「深夜営業を取りやめて19時間営業にする」というものだった。

 

それに対してセブンイレブンの本部から一言。

本部「時短営業は契約違反だ!1,700万円払え!(゚Д゚)」

 

24時間営業に戻さなければ契約解除を通達する。指示に従わなければ違約金として1,700万円の請求に加えて、強制解約を命じられる。

 

この店舗オーナーの妻もスタッフとして働いていたが、昨年に亡くなった。どのような病状で亡くなったのかは分からないが過労死と考えるのが自然だ。実際に店舗オーナー自身も過労死寸前だそうだ。

 

オーナーとして働いていても稼いだお金を使う時間もなければ、休む時間もないため何のために働いているか全く分からない

 

24時間営業が義務付けされていたとしても困難な状況は必ずある。人の命よりも24時間営業を優先し、違約金を脅しに使うのはどうかと考える。

 

また、この仕組みは本部側は損をしないカラクリになっている。甘い言葉でコンビニオーナーを量産し、契約後は奴隷としてこき使う魂胆なのか?と思ってしまう。

 

「楽天カードでポイント生活はじめよう!」

 

 

営業時間短縮の申し入れ拒否

f:id:otsuyu25:20190303114906j:plain

 

妻のオーナーが亡くなる前から本部に対して営業時間短縮の申し入れをしてきたが、受け入れてもらえなかった。

 

今回の問題はニュースで報道されたため24時間営業を見直すきっかけとなったが、これまで報道されてこなかった店舗は数えきれないほどあるだろう

 

ちなみに私が「コンビニオーナーって結構やばいんじゃね?」と考え始めてきっかけは、アシタノワダイの「コンビニの闇を漫画にしてみた」です。

 

▼アシタノワダイ

www.youtube.com

 

これまでも営業時間を短くすることができずに体調を崩したり、過労死したりした人たちはたくさんいると考える。報道されていないだけで。。。

 

 

人件費削減?ふざけるな!!

f:id:otsuyu25:20190303121012j:plain

 

私は人件費削減という言葉が嫌いだ。

 

人間の代わりに人工知能(AI)や制御プログラムが働くことによる人件費削減は良い。

 

バイトや派遣社員などの非正規雇用を積極的に取り入れて、それを人件費削減と言っているのが嫌いなのだ。

 

時間は人それぞれ平等に与えられている。

 

しかし、

  • あなたの1時間は6,000円で買います。お疲れ様です!(゚∀゚ )
  • お前はバイトなんだから800円で十分でしょ!どうせ非正規雇用なんだから責任とかないじゃん。 黙って働け!(゚Д゚)

というのが普通に行われている。

 

以前、派遣社員は正社員の穴埋め要員だよという記事を書いたので良かったらどうぞ。

 

www.shachiku-road.com

 

確かに、イーロン・マスクやビル・ゲイツ、スティーブ・ジョブズ、孫正義などのトップ経営者がバイトと同じ給料で働くのはありえないが、正社員とバイトの能力はそこまで大きく変わらない。

 

今回のセブンイレブン24時間営業問題の本質は、バイトの出入りの激しさにあると考えている。

 

そのため、各店舗で正社員を雇って従業員を安定的に確保すれば改善できる問題

 

「人手不足」ではなく、「低賃金で働いてくれる労働者不足」ということをいい加減認めほしい。しっかりした待遇があれば人は集まってくる。

 

 

やはり時代はフリーランス

f:id:otsuyu25:20190303124945j:plain

 

会社が社員に対してしっかりした待遇を支払わない以上、私たちは会社に依存する必要はない。むしろ、契約解除や違約金を脅しに使って「断れない」状況を作られるため、他者からの縛りをなくすためにも独立すべきと考える。

 

そのためには、いつでも会社を退職しても良いように自分でお金を稼ぐ手段を模索する必要がある。自分でビジネスを立ち上げて成功する人たちが増えれば、本当の意味での人手不足になる。

 

資格不要で稼ぐなら「クラウドワークス」

 

人を安く使う」という考えがある以上平等な世界は訪れない。

 

政治家や企業は生産性を高くするため人件費をどんどん削減してくる。移民政策もその1つだろう。

 

▼関連記事

www.shachiku-road.com

 

現実世界が分かってくると「自分で行動するしかない」という考えにたどり着く。

誰かが何とかしてくれるという時代は来ない。

 

まずは、自分がやりたいことを探す! 

 

社畜道