社畜道

低収入・低地位・低意識、全部ひっくり返す

今すぐ実行可能!バレンタインデーにチョコをもらえる男性の特徴は?

 

あなたはこれまで、バレンタインデーにチョコをもらったことはあるだろうか。

 

バレンタインデーにチョコをもらったことがある=偉いというわけではないが、今後の人生において「誰かにプレゼントをもらえる人」になることは大切なことである。

 

バレンタインデーは男として、人として自分はどう見えているかを再認識する良い機会である。

 

 

 

バレンタインデーにチョコをもらえない人の特徴

f:id:otsuyu25:20190205174448j:plain

 

バレンタインデーにチョコをもらえない人の特徴は何だろうか。

 

  • 顔が不細工な人
  • 背が低い人
  • 不潔なイメージが強い人

 

など、外見的特徴やその人の習慣がすべての原因でモテないからと思いがちだが、私は違うと考える。

 

結論から言うと、

  • そもそもチョコを渡す候補に挙がっていないから
  • チョコをあげる価値がないから

の2つだと考える。

 

 

 

そもそもチョコを渡す候補に挙がっていない?

f:id:otsuyu25:20190205175025j:plain

 

女性1「今年のバレンタインデー誰かに渡す予定ある?」

女性2「◯◯さんに渡そうと思ってるよ!それからいつもお世話になっている△△さん!」

 

女性はバレンタインデー付近になると友達同士で相談・会議を行う。

 

その内容は

  • 今年のバレンタインデーにそもそもチョコを渡す予定があるか
  • 渡すとしたら誰に渡すか

の2つである。

 

あなたは上記の女性1、女性2の会話に登場する◯◯または△△のいずれかに入っている自分の姿を想像できるだろうか。

 

◯◯さん」は女性側が気になっている男性、好きになりかけている男性である。きゅんきゅんするタイプのやつだ。ここで候補に挙がってる男性であれば問題はないだろう。

 

△△さん」は仲が良かったり、よくプレゼントをもらっている男性で、どちらかというと男性側が女性のことを気になっているパターンだ。常に自分は与えられてばかりなので、何かしてあげたいという気持ちから候補に挙がっている。

 

しかし、男性側からしたら本命か?と勘違いしてしまう可能性があるため、本命でない場合は渡す際に「義理チョコです」と一言添えてほしい。そうしないと「俺はあいつに弄ばれた!なんて女だ!」と好意で渡したはずのチョコから険悪なムードになってしまうことがある。

 

いずれにしろ、候補に挙がらないことには話にならない。

 

顔も名前も分からない女性や普段あまり会話をしていない女性から突然バレンタインデーに話しかけられてチョコをもらえるのは、超絶イケメンか少女漫画・恋愛ドラマの世界だけである。

 

自分は「女性同士の会話に登場するか?」というのをしっかり考えて、これまで自分の立ち振る舞いを見直すべきである。

 

 

 

チョコをあげる価値がない

f:id:otsuyu25:20190205175251j:plain

 

バレンタインデーの準備にはお金がかかる。手作りの場合は練習や本番の調理でとてつもない時間がかかる。

 

そんな費用・時間をかけてまでチョコを渡す価値が自分にあるか?というの考える必要がある。

 

モテない男「なぜあいつはたくさんチョコをもらっているのに、俺はもらえないんだ!不平等だ!この世の女達は見る目がない!もうチョコなんていらないし、彼女もいらない!一生独身でいい!(゚Д゚)」

 

と、バレンタインデーに自暴自棄になる男性が多い。バレンタインデーを批判している男のほとんどが上記のモテない男である。

 

モテる人はチョコをもらえない原因は女性側ではなく、自分自身にあることを知っている。

 

そして、

  • チョコをもらえる人の特徴は何か?
  • 今の自分の立ち振る舞いに改善点はないか?

をしっかり考えて改善する。

 

チョコを貰う=偉いというわけではないが、男性としてワンランクUPできるイベントであるのは間違いない。

 

自暴自棄にならずに自分を見直してみてはいかがだろうか。

 

 

チョコをもらえる男性になるには?

f:id:otsuyu25:20190205175514j:plain

 

チョコをもらえる男性は女性にとって

  • 何かしてあげたい人
  • 男性としての魅力を感じる人

になっていると考えられる。

 

そのため、チョコもらえる男性になっておくことは、今後の人生をより良く歩んでいくためにも大切なことである。

 

チョコももらえる男性になるために大切なことは下記の2つである。

  • 仲の良い女性を1人でも多く増やす
  • 常にギバー(GIVER)になる

 

仲の良い女性を1人でも多く増やす

f:id:otsuyu25:20190205175924j:plain

 

仲の良い女性がいない男性がチョコをもらえる確率は極めて低い。

まずは分母を増やさないことには話にならない。

 

そのためにも仲の良い男性の友達を増やす感覚で女性の友達も増やしていく。最初はなかなか女性の友達を増やすことができなくても、諦めずに練習を重ねて増やしていく。その努力を積み重ねることで自然に女性の友達を増やせるようになる。

 

分け隔てなく男女均等に友達を作れる人も中にはいる。「どうせ自分はそういうタイプの人間じゃないから」と諦めるのではなく改善する気持ちを常に保ちながら行動し続けるべきである。

 

スラムダンクの「諦めたらそこで試合終了」という言葉があるように、諦めてはいけない。

 

 

 

常にギバー(GIVER)になる

f:id:otsuyu25:20190205180245j:plain

 

ギバー(GIVER)とは、与える人のことである。自分の利益を周りの人にも分け与えることで、幸せが倍増するという考え方だ。

 

常に飴やチョコを分け与えるのも良し。ランチをご馳走するのも良し。

 

また、モノだけではなく自分の表情もギバーの対象である。

 

いつも暗くて険しい顔をしている人は相手に不快感を与えている。逆に、いつも笑顔で明るく接している人は相手に幸福感を与えている。

 

モノを与えるのも良いが、それを暗い表情で与えていては意味がない。もらった方は微妙な気持ちになる。

 

そのため、まずは自分の表情を見直すことが大切である。笑顔で接しているか、広角は上がっているかを常に自問自答しながら過ごすことで、無意識にギバーになることができる

 

 

まとめ

f:id:otsuyu25:20190205180742j:plain

 

以上のことをまとめると、

  1. バレンタインデーにチョコをもらえない原因は自分にあることに気づく。
  2. 女性の友達を作る努力をする。
  3. ギバー(GIVER)になる。特に自分の表情を見直して、常に幸福感をプレゼントする。

 

「バレンタインデーなんてロッテとか明治のマーケティング戦略だろ?そんなものに必死になるやつはバカだ!」と言う人もいるが、チョコをもらった嬉しさを知っている人はこんな発言をしない。

 

バレンタインデーは恋愛下手な女子達にとって1歩前進する良い機会であり、これをきっかけにして両思い・恋人同士になったケースもたくさんある。

 

こんなに幸せで恋愛に前向きになれるイベントは貴重であるため、今後も続いて欲しいと思う。

 

社畜道