社畜道

低収入・低地位・低意識、全部ひっくり返す

【株式投資】手取り月収14万円の社畜が「配当金生活」を目指す!

 

配当金生活がしたい!(゚∀゚ )

 

株式投資を始めた時から夢に見ていることだ。

 

現在の私の手取り月収は14万円である。先日、また手取りを減らされてしまった。

 

手取りを減らされた理由は、共働きをしているからだ。

 

ゴミ会社「共働きだからお金に余裕あるでしょ?だから住宅手当も必要ないよね?ボーナスもこれ以上上げられないし、給料も上げられないよ?当然だよね?( ・´ー・`)

 

共働きをしているのは私の給料だけでは生活していけないからだ。にも関わらず「共働きだから生活に余裕がある」と決めつけて給料をどんどん下げていく。

 

前回の記事でも述べたが、社員の給料をギリギリまで削る理由は「社員に貯金をさせないようにして会社に依存させるため」である。

 

▼前回の記事

otsuyu.hatenablog.com

 

案の定私の収入だけでは生活していくだけで精一杯であり、貯金なんて以ての外だ。貯金がないため会社を退職したらアパートも追い出されてしまい、ホームレス生活となってしまう。

 

そんな私が毎月コツコツ投資にお金を回せているのは共働きをしてくれている妻のお陰だ。必ず転職・副業活動で成功して恩返しをすると決めている。

 

 

 

「配当金」とは?

f:id:otsuyu25:20190130212438j:plain

 

株式投資は、

  • キャピタルゲイン
  • インカムゲイン

の2つの稼ぎ方がある。

 

一般的に「株で稼ぐ」と聞くとキャピタルゲインをイメージする。

 

キャピタルゲインとは、株価が下がった時に購入して上がった時に売却。その時に発生した差額分を収益として得る方法のことだ。しかし、この方法で稼ぐには常に株価の動きを見張っている必要がある。8〜17時まで仕事をしているサラリーマンには難しい稼ぎ方と言える。

もちろん、「◯◯円まで下がったら購入」「◯◯円まで上がったら売却」という感じで自動的に株の売買をすることも可能だが、株の知識と根気と忍耐力が必要だ。

 

もう1つの稼ぎ方であるインカムゲインとは、購入した株を長期的に保有し、配当金や株主優待で収益を得ていく方法のことだ。株を購入した後は基本的に放置でいいので、常に株価を確認できないサラリーマンや株初心者の方にオススメの方法と言える。

 

私は上記の2つの稼ぎ方のうち、配当金で長期的に稼いでいく「インカムゲイン」を選択した。

 

 

「配当金」の説明は下記の通り。

株式を発行した企業は利益を上げると株主にそれを分配する。その分配された利益のこと配当金という。 株主は、「利益配当請求権」に基づき配当を受け取れ、配当起算日における株主のみが受け取れる。企業は、自らの活動の成果として得られる利益を源泉として、株主に対して配当を支払うが、様々な条件により常に変動する。具体的には、利益の変動、利益が増えると配当は増額され、利益が減ると配当は減額されるほか、政策的配慮の観点から、同業他社とのバランスや過去の配当状況、このほか記念行事の一環として配当を増やしたりすることもある。

 

引用:コトバンク

https://kotobank.jp/word/配当金-7245

 

権利確定日までに株を保有していれば配当金をもらうことができる!

 

このように聞くと「権利確定日直前に株を購入して、権利落日に売却すれば簡単に配当金手に入るじゃん!簡単じゃん!」と思うが、現実はそう甘くない。

 

なぜなら権利確定日直前は必然的に株価が上がり、権利落日は株価がガクッと下がることにより、配当金では取り戻せないほどの損失が発生する可能性があるからだ。

 

そのため、定期的に株価を確認し、下がったタイミングで購入する必要がある

 

 

配当利回りが高い株ランキング「トップ10」

f:id:otsuyu25:20190130221336j:plain

 

配当利回りとは、銀行でいう年利のことだ。

 

配当利回りの計算方法は下記の通り。

「1株あたりの配当金」÷「現在の株価」×100

 

日産自動車の株を例に挙げて計算をしてみる。(2019年1月31日時)

1株あたりの配当金:57円

現在の株価:914円

57 ÷ 914 × 100=6.23%

かなりの高配当株になっていることが分かる。

 

しかし、株価や配当金は常に変動する可能性があるため、こまめに計算をして配当利回りが目標値に達しているかを確認する必要がる。

 

配当利回りの計算方法が分かったところで、2019年1月31日現在の「配当利回りが高い株ランキングトップ10」を記載していく。

 

  1. アイビー(4918):14.01%
  2. プロスペクト(3528):13.45%
  3. 大塚家具(8186):10.44%
  4. シンデンハイ(3131):10.16%
  5. 丸三(8613):8.16%
  6. 東海東京(8616):8.01%
  7. 水戸証券(8622):7.69%
  8. E ストアー(4304):7.58
  9. BPカストロ(5015):7.50%
  10. Oak(3113):7.46

 

ここで「お!プロスペクトという株の配当利回りがかなり高い!よし、10万株購入しよう!」と安易に考えるのは非常に危険だ。なぜなら前述でも申したように、配当利回りは変動することがある。

 

10万株を購入した直後に「配当金サゲサゲごめんのお知らせ」というIRが掲示されて株価が暴落した場合、たとえ配当金をもらうことができても大きな損失が発生する可能性があるからだ。

 

それを防ぐためにも業績をしっかり調べ、

過去5年間の配当金の推移はどうか

配当金が下がる可能性はあるか

過去に業績が悪かった時にどのくらい配当金が下がったか

を予想・考察する必要がある。

 

株って難しい_(:3」∠)_

 

 

現在保有している高配当株

f:id:otsuyu25:20190130224545j:plain

 

現在私が保有している高配当株は下記の通り。

 

ディアライフ 500株:配当利回り3.63%

日産自動車 100株:配当利回り6.23%

ムゲンエステート 100株:配当利回り4.13%

 

上記の株を1年間保有し続けた場合、18,700円の配当金を受け取ることができる。

 

もちろん業績によって配当利回りの変動が発生する可能性はあるが、銀行に貯金し続けるよりも効率よく資産を増やすことができる

 

私は高配当株をコツコツ買い集めていき、最終的には1年間で20万円の配当金を受け取りたいと考えている!

 

 

 

自分にあった投資方法を見つける

f:id:otsuyu25:20190130225551j:plain

 

株式投資で億り人になった方や資産を増やして専業トレーダーになった方はこの世にたくさんいる。

 

しかし、その成功者たちの真似をすれば稼げるというわけではない。株はそんな単純なものではなく、奥が深いものだ。

 

株で継続的に稼ぎ続けるためには、「自分にあった投資方法」を見つける必要がある。

 

私はさまざまな投資方法を試した結果、損失が少ない投資方法が自分に合うということに気付いた。銀行に貯金をする感覚で高配当株を購入し、1年間で受け取れる配当金をコツコツ積み上げていくスタイルだ。

 

高配当株を購入する時に最低限

  1. 配当利回りが4%以上か
  2. 過去の配当金額に大きな変動はないか
  3. 現在の株価は割安か

の3つの基準を設けている。この基準を全て満たす高配当株を購入することで大きな損失が発生する確率を極力減らすことができる。

 

もちろん大きく株価が上昇した時に売却するため、「◯◯円以上になったら自動的に売却する」という設定をしている。これにより、株価が変わらなければ配当金を受け取り、株価が大きく上がったら売却するという仕組みが出来上がる。

 

これが私に一番あった投資方法だ。

 

現在の目標は、1年間に受け取れる配当金を毎年2万円ずつ増やしていくことだ。

 

目標通りに進めば10年後にもらえる配当金は20万円/年だ。20万円/年ももらえれば1ヶ月間働かなくても十分に生活できる。

 

この目標をできるだけ早く達成するためにも、転職・副業活動を引き続き実施していく必要がある。

 

さあ、頑張っていこう!

 

社畜道